読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なすの日記

思考を散歩させるための場所

このブログ

どうもブログを始めてから45本もの記事を上げてきたらしい。

ふと合計記事数が目に入って、こんなに書いたのか、と思ってしまった。

たまに何かを書きたい衝動に駆られて、でもフェイスブックのタイムラインに長々と持論を書き連ねるのも恥ずかしかったのでブログを作ってみたい人だけ見ればいいやと思って始めた。

「みたい人だけ」と言ったけれど、最初は僕がだらだら書いている事なんて誰も読まないと思っていた。

ところが、知り合いから「ブログ読んでる」とか言われることがそれなりにあった。

正直、内心で「あ、けっこうみんな暇なんだな」と思っている。

このブログはけっこう長いから。

そして、そういう人が一生に一回しかない人生の数分を自分のブログを読むことに割いていると思うと、「もっと他に有意義なことがあるはずだよ!!」と叫びたくなったりもする。

ちなみに僕は他人のブログはあまり読まない。

だって長いじゃないっすか…

せっかく読んでもらっているのに完全に嫌な奴なわけだが、「読んでる」なんて言われたらどうしても嬉しくなってしまうのも事実だ。

そんな自分が嫌いになるというのも毎度のことだ。

 

一番嫌になるのは、書いた記事をSNSでシェアするときだ。

これが何人かのTLに流れるのか、

自分の備忘録とか言っといてやっぱり他人にみて欲しいんだな、

やだなー、おまえそんな奴なのかー

と、毎回逡巡する。

現に、シェアしてないやつもある。

でもやっぱり見て欲しいと思う欲求を捨てられない。

まだまだ修行が足りないようだ。

 

そんな自意識の牢屋から出ようとしない僕であるが、

書いててよかったこともいくつかある。

それは、書いてるうちにアドレナリン的なものが出て自分が頭に描いていなかった考えが浮かんでくること。

自分が書いている文章が、頭という海の底から新たなガラクタを引き上げてくるような感覚。

それは端的に言って気分がいい。

サッカーでゴールを決めたりしたときのような感覚だ。

僕は間違いなく喋るより書いた方がうまく自分を表現できる、というと大袈裟で書き言葉を使っている方がストレスが少ないというだけなのだが、ちゃんと発散していないと頭の中が渋滞してしまう。

汚い言い方をすれば、何かを書くということは僕にとって排泄なのである。

しかし、自浄していくためにも排泄は必要だ。

そんな排泄物を見せられる方はたまったものではないが…

 

このブログはきっとこの先もダラダラと更新を重ねていくはずだ。

何かおおきな目的のためにかくのではなく、特に向上心もない。

広大なインターネットというゴミの海の中でただ漂流し続ける。

ただ漂流していればいいものを、たまに目立とうとしてみたりする

そうして今日も一抹の恥ずかしさとともに僕はシェアボタンを押すのである。